必要書類を用意する

名義変更の詳細

自動車には、所有者の情報だけでなく、その保管場所や保険、税金に関する情報が登録されていま
す。
これらの情報は売買契約に際して変更しなければなりません。
そしてこの名義変更を行うのにまた様々な書類が必要になります。
全て一つの公的機関で完了するものではないため、時間がかかる場合もあります。
これらの手続きは業者に頼むとかなり高いですよね。
大変ですが個人売買のメリットになりますからしっかり自分でこなしましょう。
処理する期間が決まっているとも聞きますのでできるだけ速やかに行うことも大切です。

このことは特に問題視もされてませんが、税金の請求先にも関わりますので事前に調べておきましょう。
スムーズに取引ができるよう、買い手は「車庫証明」を所轄警察署で取得しておきます。
こちらは若干時間がかかる場合がありますので早めに準備が必要です。
また、書類の発行には手数料がかかることも付け加えておきます。


売り手と買い手で揃える書類は違う

揃える書類は立場、売り手か買い手かだ若干の相違があります。
印鑑証明書は双方に必用です。
売り手の場合は他に「譲渡証明書」「委任状」が必要ですがどちらもネットからダウンロードできます。「車検証」「自動車税納入証明書」など。自動車のリサイクル料を支払っている場合は「リサイクル券」も必要になります。
車検証は期間の切れているものは不可です。
紛失したなどの場合は再発行をしてもらうことができます。

買い手の場合は「車庫証明書(1か月以内の物」「申請書、自動車税・自動車取得税申告書(陸運局にて入手)」などになります。
軽自動車の場合は揃える書類の量は少な目になります。
詳細は軽自動車検査協会などで確認すると良いでしょう。


この記事をシェアする